Sharing FACTORY

株式会社Sharing FACTORY

(シェアリングファクトリー)

代表取締役社長 長谷川祐貴

Glee
シェアリングファクトリーとは日本特殊陶業の
DNAプロジェクトという公募型新規事業プロジェクトにより、
生まれた社内初の新規事業会社となります。

私たちは一従業員として業務を進めておりましたが、プロジェクトに参加し
新しいことを模索している中でものづくりに携わっている人間だからこそ、
ものつくりを元気にしたいとの想いから製造業*シェアリングという新たな発想に至りました。
この発想から工場が困った時に助けになるサービスを作っていきたいと思っております。
新たな価値観を生み出すシェアリングファクトリーをどうぞよろしくお願い致します。
シェアリングファクトリーとは日本特殊陶業のDNAプロジェクトという公募型新規事業プロジェクトにより、生まれた社内初の新規事業会社となります。

私たちは一従業員として業務を進めておりましたが、プロジェクトに参加し新しいことを模索している中でものづくりに携わっている人間だからこそ、ものつくりを元気にしたいとの想いから製造業*シェアリングという新たな発想に至りました。
この発想から工場が困った時に助けになるサービスを作っていきたいと思っております。
新たな価値観を生み出すシェアリングファクトリーをどうぞよろしくお願い致します。
Mission

工場の”困った”を シェアリングで解決

製造業は大量生産の時代から、
少量多品種生産に移り変わり、さらに現在インダストリー4.0と言われる新たな時代へ
変化して行っております。また、顧客のニーズ変遷や技術変革も以前と比べてますます早くなり、
その流れは日々加速しております。
その中で、製造業企業にとって多くのものを保持することが競争優位とならなくなって来ております。
一方個人の世界に目を見れば、シェアリングエコノミーの浸透により、所有から共有へ流れが加速しております。
製造業の世界でも、コアとなる部分は自前で持ちながらももっと共有していい部分はあると思います。
企業間で共有することで、新しいことができたり、外部環境の変化に柔軟に対応することが出来るようにする世界を
シェアリングファクトリーのサービスを通じて実現していきます。
製造業は大量生産の時代から、少量多品種生産に移り変わり、さらに現在インダストリー4.0と言われる新たな時代へ変化して行っております。また、顧客のニーズ変遷や技術変革も以前と比べてますます早くなり、その流れは日々加速しております。
その中で、製造業企業にとって多くのものを保持することが競争優位とならなくなって来ております。
一方個人乗せかに目を見れば、シェアリングエコノミーの浸透により、所有から共有へ流れが加速しております。
製造業の世界でも、コアとなる部分は自前で持ちながらももっと共有していい部分はあると思います。
企業間で共有することで、新しいことができたり、外部環境の変化に柔軟に対応することが出来るようにする世界をシェアリングファクトリーのサービスを通じて実現していきます。
Company
  • 会社名
    株式会社Sharing FACTORY(シェアリングファクトリー)

    会社名
    代表取締役 長谷川 祐貴

    所在地
    [本店]
    〒467-8525 愛知県名古屋市瑞穂区高辻町14-18
    [東京オフィス]
    〒105-0013 東京都港区浜松町2-6-2-4F [MAP]
    TEL: 03-4500-1037

    設立
    2018年3月

    資本金
    500万円

    事業内容
    製造業における設備・計測器のシェアリング
    製造業における遊休資産の売買
    製造業におけるスキル・人シェアリング
    製造業における仕事のマッチング
Officer
代表取締役 CEO 長谷川 祐貴
1998年日本特殊陶業株式会社入社 半導体部品事業部に配属後18年以上にわたり、オーガニックパッケージと呼ばれるパソコンのCPU向け商品の歩留まり改善や工場の立ち上げなどの技術部門を主に担当。2013年には中小企業診断士の資格を取得。そのあと、2016年のオーガニックパッケージからの撤退を機に社内新規事業プロジェクトに公募。2018年に設立した社内初の新規事業子会社シェアリングファクトリーに従事。新たな製造業プラットフォームを構築します。
取締役 COO 大橋 真人
2006年 自動車部品メーカーに入社後、2015年 日本特殊陶業に入社。2社ともに管理部門いて安全衛生・リスク管理などに従事。リスクアセスメントやBCP策定など、前例のないことを企画・展開する経験をビジネスサイドにて活かすべく、シェアリングファクトリーの立ち上げに参画。様々な変化が求められている昨今、製造業の皆様がものづくりの技術・埃を時代に合った形で維持しながら、新たなチャレンジができる場を作りあげてまいります。
取締役 古賀 聡一
2005年に日本特殊陶業株式会社に入社後、グロー技術部にて製品開発及び客先技術窓口に従事。2015年よりATS部にて、海外営業技術スタッフに技術指導を行う。2016年、既存自社技術にとらわれずゼロベースで作る新規事業創出に魅力を感じ、社内新規事業プロジェクトに公募。ものづくりに対して私たちが持っている誇りを絶やさずに次世代に引き継ぎたい。そのものづくりの強みを維持・強化するべく、本サービスの「共有・利用」という新たな価値観で工場の「困った」を解決してまいります。

-

シェアリングファクトリーへのお問い合わせはこちら

03-4500-1037

閉じる